トップ>水廻り補修工事

水廻り補修工事

 

蛇口の水漏れ箇所のチェック

A.蛇口からもれる →
ハンドルを閉めても蛇口からポタポタともれる場合は、コマパッキンの摩耗が原因。パッキンを交換するか、コマごと取り替えます。

B.パイプのつけ根からもれる →
まず水栓とパイプをつなぐナットがゆるんでいないか調べます。ゆるんでいなければその部分に使われているパッキンが原因です。新しいものに取り替えます。

C.水栓のつけ根からもれる →
水栓をねじ込んでいる部分の根元のパッキンやネジに巻いたシールが古くなっています。両方を取り替えます。

D.ハンドル下のカバーナットからもれる →
ハンドルの下からジワジワともれてくる場合は、ナット内の三角パッキンが劣化しています。新しいものと取り替えます。
 
 

水周りの補修

A.シンクと排水栓の取り付け部分から水漏れがあるとき
まずはリングを締めつけてみましょう(締めつけるには専用の工具もあります。イラスト1)。それでも水漏れがとまらない場合は、パッキンの交換が必要となります。

B.排水栓とホースの取り付け部分からの水漏れ
ホースがねじ込み式の場合は、ユニオンナットをスパナーで締めてみましょう。それでも水がもれる場合は、パッキンがインナーと一体のため、インナーの取り替えが必要です。インナーに蛇腹ホースを取り付けるには、塩ビパイプ用接着剤を使います。
排水ホースが差し込み式の場合は、締めつけ金具のネジをよく締めて下さい。

C.蛇腹ホースに穴があいた場合はビニールテープを
ホースの凹凸に密着させながら、二重三重に固く巻き付けていきます。
 
 

風呂場内の洗浄、シャワーホース交換等

1. シャワーヘッドが壊れた場合は、シャワーヘッドを確認して交換します。また、別メーカーのアダプター付きのシャワーヘッドも取り付けることも可能です。

2.シャワーホースが折れたり、破れた場合は、ホースの交換となります。同じメーカーの商品が無い場合は、別メーカーのシャワーホースを取り付けます。
 
 

トイレ薬品洗浄

施工前 施工後
便器排水部の様子  
toilet01.jpg yajirushi_03.jpg toilet02.jpg
和式便器  
toilet03.jpg yajirushi_03.jpg toilet04.jpg
洋式便器  
toilet05.jpg yajirushi_03.jpg toilet06.jpg